評価の高いTAクリニック横浜店に行ってみました

全切開法の術後はダウンタイムがある

全切開法の術後はダウンタイムがあるので、傷跡の内出血や腫れなどが引くまでアフターケアを行います。
抜糸は1週間後に行い、その後検診は1ヵ月後と3ヵ月後に行いました。
術後の痛みや内出血などはそれほどなく、2〜3日ほど熱感がありました。
少し腫れがありましたが、1〜2週間程で落ち着いたので良かったです。
傷跡は1ヵ月程赤みがありましたが、しばらくすると目立ちにくくなりました。
メイクで隠せる程度なので、それほど不自由な思いを感じることはなかったです。
メイクは抜糸2日目から行うことができ、入浴やシャワーは傷口を濡らさないよう、当日から行うことができます。
入浴は抜糸してから2日目で、激しい運動は1ヵ月後からだそうです。
外出する際は一応目元を隠すため、サングラスをしたり帽子をかぶっていました。
いろいろな二重施術がありますが、全切開法を選択して良かったです。
埋没法を試した友人がいましたが、後で全切開法を改めて受けていました。
全切開法の場合、メスを使うので傷跡が回復するまでダウンタイム期間が少し長かったですが、それほど気になりませんでした。
埋没法の方がダウンタイムの時間が短くで良さそうですが、仕上がりは全切開法の方がくっきりはっきりとした平行二重を作ることができます。
理想通りの目元にすることができて良かったです。
事前に料金について説明を受けることができ、予想よりリーズナブルな価格で利用することができました。
カウンセリングでは仕上がりや出来栄えなどついて、希望を伝えることができ個別に提案してくれたので良かったです。

二重にしたいと考えていました友人もメスを使わない方法を行っていました全切開法の術後はダウンタイムがある